声帯のトレーニング法を注文する前に読むサイト!

声帯のトレーニングで必要な発声法

声帯のトレーニングで必要な発声法

カラオケでこんな悩みを持っていませんか?

  ・声変わりしてから、全く高い声がでない。
  ・実声で高音域がでない。
  ・高い声を出そうとすると、声がかすれてしまう。
  ・声がすぐに枯れてしまう。

高い声で歌えるようになるために
高額のボイストレーニングに通う必要があるでしょうか?

巷には腹式呼吸を使ったボイストレーニングがありますが
あれは声帯を痛めつける原因になるので止めた方がいいようです。

実は・・・ある発声法を知るだけで
高い声が出せるようになるトレーニング方法があるんです。


→ 声帯を痛めつけないトレーニング方法とは

声帯トレーニングの恐怖のスパイラルとは?

声帯トレーニングの恐怖のスパイラルとは?

カラオケで、歌声に力強さを与えられる人がいますよね。
だけど、自分の歌は力んでしまって声を痛めてしまう。

この違いは、いったいどこにあるのでしょうか?

それは、フォーカルポイント(力点)
正しく認識できるかどうかにかかっているんです。

プロのヴォーカリストのような
「力強い高い声」を出すための秘訣がここにあるんです。

これを知らないと、せっかく高い声が出るようになっても、
高い声で歌えなくなる可能性があるのです。


→ 力点を正しく認識できる声帯トレーニングとは

声帯を痛めない正しい発声トレーニング法とは

声帯を痛めない正しい発声トレーニング法とは

カラオケでは、高音域になると声が出なかったり
かすれてしまう人を良く見かけますよね。

実は、高い音域をうまく歌えない人の3人に1人が、
日本のボイストレーナーが積極的に進めているある練習で、
声帯をボロボロにしてしまっているそうです。


歌うことが苦手な人とプロの高音を持つ人の違いは、
正しいトレーニングの方法を「知っているか」「知らないか」
ただこれだけの違いなんです。

いくら高額なレッスン代をしても、
毎日、どんなに頑張ってトレーニングを積んでも
正しい方法を知らなければ・・・無駄な努力になってしまいます。



→ 声帯をボロボロにさせないプロの発声トレーニング法とは
有酸素運動で脂肪を燃焼